ごあいさつ
夜尿症(おねしょ)で悩んでいる子供の実態について詳細に解明した研究は
世界中どこを探してもありません。
これはその実態調査がいかに困難な事かを物語っています。
しかし現実に夜尿症小児の患者数は非常に多く10人に1人とも言われていて、
患児の知られざる苦しみを大人が正しく理解し対策を考えてあげなければ、
これらの子供達の深い悩みはいつまでも消えることなく行き場所を失い、
憂鬱な学校生活をおくることになります。
私の経験と研究から得られたことをみなさまの悩みに役立てて頂ければ幸いです。
相川先生は2014年12月に急逝されました。
今までのように夜尿症についての相談には、お返事はできませんが、相川先生の研究が
夜尿症でお困りのみなさまのお役に少しでもたてれば・・・との思いで、
このサイトは残すことにいたしました。
よろしければ、参考にしてください。
回答者プロフィール
医療法人社団 相親会 相川ステーションクリニック
院長 相川 務
住所 新潟市中央区花園1-1-1 JR新潟支社ビル1F
TEL 025-240-6605
FAX 025-240-6606
診療科目:小児科、アレルギー科  専門外来:夜尿症、小児内分泌(低身長)
昭和56年3月31日: 新潟大学医学部卒業
同大学小児科にて小児科学を学ぶ
平成11年12月: JR新潟駅ビルにて相川ステーションクリニックを開業
現在に至る
日本小児科学会 … 専門医取得
日本夜尿症学会 … 常任理事。